雨上がり、陽光とともに吹き出してくる、虫たちの歓びをみんなで共有。「虫とり春の陣 in 家原遺跡公園」2022

3日間ほど、曇りや冷たい雨が続き、5月14日(土)当日も未明まで雨。ちょっと心配なお天気の中、「虫とり春の陣」家原遺跡公園、開催となりました。しかし、途中から青空がやってきて、虫たちはいっせいに、元気に飛びはじめ、それに伴って、みんなの虫とりのテンションも高くなり・・・


開会前。曇り空のもと、ひんやりとした空気に包まれています。

こんなお天気のときは、あまり虫は動かないから、じっくりさがしてみましょうね。

などと、説明ばかりしててもしかたないので、とりあえず、みんなで虫とり、スタートです。

がんばって、みつけました。

つかまえました!

しかし、あまり虫は動かず、収穫は伸びません。

運よく見つけられれば、つかまえやすかったりします。あまり逃げないので。

シオヤトンボをゲット!

ところが、11時半頃から、一転して、青空になりました。

シオヤトンボは、ビュンビュン飛んで、小さな子どもたちには、つかまえることが難しくなりましたが、それまで隠れていた虫たちが、つぎつぎに、出てきます。

ヨツメトビケラ

カワトンボが飛び交い、ハンミョウや、オオセンチコガネがどこからともなく、現れます。

ハンミョウをゲット!

展示される虫も、どんどん増えていきました。

虫を、袋に入れていきます。
種類ごとに集めて、かざっていきます。
チョウ
トンボ
ハンミョウ
カエルやイモリも
雨が降ると、元気になるよ!

みんなで、100種類、250匹くらいの虫をつかまえました。

楽しく虫とりができて、めでたし、めでたし。


参加者:65名

むしの会スタッフ:八木 剛・北詰 剛・北詰真奈・石川哲也・内田隼人・三村貴之

主催:兵庫県西播磨県民局(にしはりまエコツーリズム事業)

トップへ戻る