モリアオガエルのオタマジャクシが次々上陸し始めています。7月最終日の昆虫館

水路にいたモリアオガエルのオタマジャクシが上陸を始めています。ちょっとしっぽのなごりを残しています。お盆時分に咲くと言われているキツネノカミソリももう咲き始めています。ちなみに同じヒガンバナ科のヒガンバナはお彼岸の時分に咲きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
キツネノカミソリ

夏休みはやっぱり来館者が多いです。いつものようにヘラクレスオオカブトと記念撮影、そしておなじみ昆虫Tシャツ小さくてもお兄ちゃんと同じむしむしTシャツです。テントウムシTシャツもおしゃれです。

記念撮影
昆虫Tシャツ
テントウムシTシャツ

応援に来てくださったスタッフの野村さんがカメ、イモリプールにカエルをたくさん放して下さいましたが、お腹の空いていたイモリが食いつきました。来館者は弱肉強食を間近に体験できました。

イモリ カメ カエル
イモリカエル食う

アリジゴクの観察場所にスタッフの末宗さんが観察の仕方とアリジゴクの姿や親のウスバカゲロウの写真を設置して下さいました。

アリジゴク

夏の暑さにむしたちの活動も不活発ですが、よく見るといろいろなむしたちが隠れています。今日はスケバハゴロモの親と子、ハサミツノカメムシ、ヒメサナエ、フタスジヒトリやフクラスズメなどのガの幼虫、アオスジアゲハなどが見られました。

スケバハゴロモ親子
ハサミツノカメムシ
ヒメサナエ
フタスジヒトリ幼虫

2022年7月31日(日)の昆虫館

来館記帳者 125名 晴れ時々曇り

1日館長 八田康弘 スタッフ:茂見節子 応援スタッフ:野村智範 末宗安之

トップへ戻る