キツネノカミソリが咲き始めました 8月1日(土)昆虫館

梅雨明けし、久々青空の広がる昆虫館となりました。ブッドレアやボタンクサギの花が咲き、新たにキツネノカミソリやサネカズラの花も咲き始めていました。キツネノカミソリはヒガンバナの仲間なので今の時期は葉がありません。

キツネノカミソリ
サネカズラ

今日1番の来館者は早速イモリを捕まえて記念撮影です。館内のスズムシケージでは入れてあった枝木からかムツボシタマムシが発生していました。

1番来館者
ムツボシタマムシ

館内販売物が少ない中、1番人気のムシ缶バッチガチャポンは結構皆さんやられるのでスタッフの齋藤さんが補充です。

今日の来館者はほとんどが家族でしたが、スタッフの野村先生が千種川生物研究会の観察会をやられていてメンバーの方が昆虫館に寄られ植物の観察などをされました。昆虫館下には結構貴重なヨコグラノキがあってその観察もされて来たようです。

サネカズラを観察される千種川生物研究会の方

恒例の今日の来館者のムシファッションです。ゴキブリ大好きな僕のマスクはカマキリ先生ブランドです。

定番の昆虫Tシャツは兄弟おそろいです。

最後にクワガタとカブトのTシャツは初めて見かけるバージョンです。やはり昆虫館に来る子供達はムシに対する思い入れがあります。子供達と言うより親御さんですか? ムシを見ずに子供さん達に目がいってしまうスタッフの報告でした。 

2020年8月1日(土)
天気    晴れ
館長    八田 康弘
スタッフ  齋藤泰弘 岡田浩資 野村智範(応援)
来館者  95人

トップへ戻る