9月27日 日曜日の昆虫館

一日館長 久保弘幸  スタッフ 齋藤泰彦  岡田浩資  応援 野村智範

 昆虫館はさわやかな秋の真っただ中です。涼しい空気に包まれ、時々雲も出ましたが、青い空と陽射しに恵まれて、おだやかな時間を過ごすことができました。

 今日はご予約のお客様も少なく、スタッフも少しのんびり。こどもたちとお話しする時間もたくさんとることができました。

 10時に開館するとすぐに、最初のお客様が来られました。そこから後は、いつもの昆虫館の風景です。

お姉ちゃんも妹もクワガタムシがお気に入りです
パパ かっこよく撮ってね!

 人が少ないので、お気に入りの虫をゆっくりと、何度も何度もさわって楽しむことができました。どういうわけか、今日の一番人気は、ニホントカゲ君でした。すっかり人に慣れたのか、手にのせても逃げようとしません、もしかすると、涼しくなってきたから人の体温が心地よいのかもしれません。いつまでも肩にのせて楽しんでいた女の子もいましたよ。

今日はなぜだかニホントカゲが大人気
なぜだかお姉ちゃんの肩が気に入っていつまでも離れないトカゲ君

 午後には野村先生が駆けつけて、おなじみのイモリすくいやカメの餌やりで遊んでくれました。

 昆虫館の庭では、秋の花が盛りを迎えています。

キタキチョウの前蛹
ルリシジミの幼虫はアリさんたちにお世話をしてもらっていました

 ハギの上では、大きくなったルリシジミの幼虫をアリがお世話していたり、キタキチョウの幼虫が蛹になろうとしていたり。フジバカマやブッドレアには、ミドリヒョウモンがいくつも訪れていました。

トップへ戻る