実施レポート:むしとり合宿 in 但馬牧場公園(2021年7月30−31日)

むしとり合宿、但馬牧場公園の第二弾です。(第一弾は6月に実施しました。)

すっかり梅雨も明け、夏空のもとでの虫とりとなりました。

参加は、9家族28名。今回は、小さな子どもたちの参加が多かったので、山頂へは行かず、それぞれのペースで林道を往復することにしました。

傾斜はきつくないですが、やはり昼間は暑いです。

ときおり、黒いアゲハやオニヤンマが飛びますが、とれません。

カマキリがけっこうとれました。

こんなのも、かなりいましたが、子どもたちの目には入らなかったかな。

縄張りを張る、オオムラサキ

林道から戻って、夕食の後、黄昏時の散策です。

きれいな夕焼けでした。

ヤンマは飛びませんでしたが、コガネムシがブンブン飛んで、楽しかったです。

19時半頃、お楽しみのナイター点灯。

はじめての子も多く、テンション高めです。

カーテンが白いのは、来た虫がすぐケースに収納されるからです。
オオミズアオをゲット、の記念写真を撮ってるところ
美しいシンジュサンが飛来しました。
ノコギリクワガタのメス
大きなクワカミキリがやってきました。
ついに来ました、カブトムシのオス。夜遅くまでがんばった甲斐があったね。

こんなエピソードも。

30日の夜に、M*K*くんに、捕まえたセミの幼虫をもらって、部屋で網にとまらせていました。
22時ごろに背中が割れはじめ、23時ごろには体は全部でてきていたかと思います。
その後、0時には羽が伸びきっていたかとおもいます。キレイな緑でした。
初めて羽化するのを見られて感動です。

参加者のKさん

参加者どうしのやりとりも、楽しいですね。


翌朝は、虫の名前調べ。

わからない虫は、その場で教えてもらえます。これができるところって、あまりないんですよ。

たくさん、つかまえたね! 多くの虫たちは、このあと、バイバイしました。

今回つかまえた虫の一部です。

これを機会に、もっともっと、虫とりを楽しんでください!!

スタッフ:八木 剛・吉水敏城・内田隼人

トップへ戻る