カラスシジミの幼虫発見!

佐用町のお隣、岡山県美作市ではスモモの葉を食べて成虫になるカラスシジミが民家の脇に植えられているような環境でも見つかるようになりました。おそらく最近、分布を広げたと思われます。高さ1mくらいの枝の先で良く見つかりました。これは2齢幼虫のようです。

モモチョッキリといっしょに3齢幼虫が見つかりました。背中がでこぼこしているのが特徴です。

まだ、兵庫県ではスモモを食べているカラスシジミについて、よく調べられていないようなので、ぜひ、探してみて下さい。平地では5月上旬には幹のへこんだところでさなぎになります。そして5月下旬にはミドリシジミより一足早く成虫になります。

左がオス、右がメスです。翅の裏面になります。表は地味な黒っぽい茶色です。

もし、見つかったらぜひ教えて下さい。

(末宗安之)

トップへ戻る