植えたはずのカブラは何処へ?! 4月10日の昆虫館

本日晴天なり。

ですが、朝は肌寒く感じ厚めの服に着替えました。

午前中は、予約の方も少なく2人体制でも対応できました。

受付も入り口側で対応できるようになり来館者にもスタッフにも楽になりました。

午後イチは、予約された方が一気に来られラボ内は一時的に賑やかになりましたが、水路でイモリ探しやアメンボ探しをする方 昆虫採集に行かれる方が多かったです。

親子でイシガメのゆりやんの観察してます。

ゆりやんは世間知らずのちびっこのようで、すぐに人に慣れているようです。

14時からは予約もなく、静かな昆虫館になりました。

先週 久保さんが蝶や蜂に来てもらおうと植えたはずのカブラがほとんどなくなっています。

どうやら犯人は・・・・・

全てサルに引っこ抜かれたようです。

屋根の上をみると、カブラの残骸が残ってます。日向ぼっこをしながらサルがおいしく食べてしまったようです・・・・。

本日は、蝶類、甲虫類は少なめでした。

2022年4月10日   晴れ
館長     岡田 浩資
スタッフ   齋藤 泰彦
応援     高橋 弘樹
       野村 智範
来館者    49名

(報告:岡田浩資)

トップへ戻る