むしとり合宿しました(但馬牧場公園)

6月20日(土)から21日(日)、但馬牧場公園(兵庫県新温泉町)で「むしとり合宿」をしました。

梅雨の真っ最中でしたが、なんとかお天気に恵まれ、薄曇りでスタート。

参加は5家族15名で、余裕をもって、楽しめましたよ。

牧場公園から、愛宕山山頂へ向けて、出発です。

傾斜のゆるやかな、林間の管理道を歩きます。

愛宕山の展望台到着。ちっちゃなお友だちも、よくがんばったね。

山頂付近には、花が多く、いろんなチョウが飛んでいます。

とれるかな〜

飛んでこないかな〜

山頂へは、アゲハ類やゴマダラチョウがやってきます。オオムラサキには少し早かったですね。

ウラギンヒョウモンの新鮮な個体が、たくさんいました。
最近シカが増えたせいもあってか、ヒョウモンチョウ類は、種類、数ともに、少なくなっています。

ヤホシホソマダラ。小さいですが、キレイな蛾です。

よく似た「キスジホソマダラ」は、よくいるのですが、ヤホシの方は、あまりいないですよ。
兵庫県では、このほか、南光自然観察村キャンプ場で見たくらいです。

夕食をすませ、お待ちかねのナイター点灯!

ほぼ新月でしたが、気温が低く、虫の飛来は低調です。

それでも、蛾類を中心に、いろんな虫がやってきて、子どもたちは大はしゃぎ。

そうこうしているうちに、オオミズアオがやってきました!

オオミズアオで盛り上がっている、楽しい動画を、ごらんください。

気温が低くて甲虫類は少なかったですが、オオミズアオのほかにも、いろんな蛾が来ましたよ。

シロオビドクガの雌雄

山地性のシロオビドクガ。大型の美しい蛾です。左が女の子、右が男の子。

キクキンウワバ(左)とギンモンスズメモドキ(右)

金銀、そろい踏み!
このカラーは、蛾類ならではですね。

ナイターに飛来した、キマダラルリツバメ

めずらしいチョウがナイターにやってきました。これはすごい!と、スマホで写真を撮る人たち。

そうやって、牧場公園の夜は更けていったのでした。


スタッフ:八木 剛・中濱直之・吉水敏城・中谷朱里


翌日は、むしとりえんそく
たくさんの参加者が虫とりを楽しみました。虫とりは、すばらしい!

トップへ戻る