カマキリが5種類登場! 秋本番の昆虫館です。

道中の畦道にはヒガンバナが花盛り。秋本番ですね〜

バッタや赤とんぼなど、小さな子どもたちにも、虫とりの成果が得やすい季節です。今日も、午後からいいお天気になって、たくさんの子どもたちが、虫とりに出かけて行きました。

大きなショウリョウバッタをつかまえました!

ほら見て、すごいでしょ!

うれしいので、ずっと片手に持って、仲よくしてましたよ。

見てください、達成感と自信にあふれる、この表情!

昆虫館は、子どもたちの自己肯定感を育むところです!

さて、今日は、子どもたちに人気のカマキリが、5種類も登場したよ。昆虫館は蝶屋敷かと思っていましたが、カマキリ屋敷かも。(昆虫館には、その日に獲れた虫が登場しますので、いつも5種類見られるわけじゃないです。念のため)

カマキリ、さわるのには、ちょっと勇気がいるけどね。

コカマキリを手にのせてみました。

何度も来てくれて、ありがとうね。

こんな感じでそっと手にのせれば、カマキリは引っかいたりしないのです。

ということで、幼稚園・保育園では、「かまきりリレー」を、オススメしています。みんなも、やってみてください!

「かまきりリレー」にチャレンジ!  カマキリの、安全な、さわりかた | エコロコプロジェクト
子どもたち、とくに男の子に、カマキリは、大人気。 その裏返しで、カマキリがこわい、お友だちもいます。 大きくて、ほかの虫をつかまえて食べてしまう猛々しさは、さながら猛獣のようです...


このコカマキリは、スタッフの島岡優くんが、さっき広場でつかまえた個体でした。ありがとう。

こちらは、ムネアカハラビロカマキリ。昔はいなかった、新参のカマキリですよ。

しのぶさんマスクも、ありがとう!

ふつうのハラビロカマキリより、大柄で、性格は、やや凶暴かも。
こちらは、スタッフの高橋さんが、相生市でゲットしたもの。

つぎは、日本でいちばん大きなカマキリ、オオカマキリです。

のぼっていくよ!

手にのせてたら、あれれ、どんどん上へのぼっていくよ。

ついに、頭のてっぺんまで、のぼっていきました!

しのぶさんTシャツも、ありがとう!

カマキリさん(女の子です)も、居心地、よさそうですね。

このオオカマキリも、スタッフの優くんが、広場でつかまえたものでした。優秀ですね。

さきほど、コカマキリを手にのせていた男の子ですが・・・

ちょっと、こわごわかも

今度は自分で広場へ虫とりに行って、見事、チョウセンカマキリをゲットしました!

あと1種類、ヒメカマキリ(安富PA産)がラボに展示されていましたが、ハリガネムシが出たあとでぐったりしてたので、写真は割愛。

ヒメカマキリは、これから10月にかけ、昆虫館で、ときどき見られます。
サイト内検索で「ヒメカマキリ」を調べてみてください。

過去の記事がいくつか出てきます。たとえば、ちょうどほぼ1年前の記事。

以上が、本日の昆虫館に登場した5種類。

兵庫県には9種類のカマキリがいますので、残りは4種。

ふつうのハラビロカマキリは、昆虫館周辺にもいるはずですが、今日は、みつかりませんでした。花の上が好きです。ウスバカマキリは、明るい草原にいますが、生息地は限られていて、昆虫館周辺にはいません。ヒナカマキリは森林の地表を歩いています。チビクワガタよりさらに暖かいところが好きな虫なので、昆虫館にはいないでしょう。サツマヒメカマキリは、秋にはおりません。

9種類を一度に、は、さすがに無理かな。

カマキリの学習には、ぜひ「ひょうごのかまきり」をご利用ください。
冊子体は、昆虫館で、なんと200円。


9月23日(木・祝)曇りのち晴れ
来館者:86名
スタッフ:八木 剛・高橋弘樹・島岡佳子・島岡良治
Kids STAFF:島岡 優
応援:野村智範・久保弘幸

昆虫館で見られた虫:サカハチチョウ(網舎の中に入っていきました)、スジグロシロチョウ、キチョウ、ミヤマカラスアゲハ(キハダに産卵)、クロアゲハ、オオアオイトトンボ、タカネトンボ、オオセンチコガネ

昆虫館周辺:ツマグロキチョウ、ナツアカネ、ウスバキトンボ、ショウリョウバッタ、オオカマキリ、チョウセンカマキリ、コカマキリ

トップへ戻る