晴れのち曇りの昆虫館

今日は、雨が降るだろうと前日から予想していましたが外れました。いい天気です。

午前一部と午後二部は、来館者が定員に達してたくさんの方々が来られました。第三部はゆとりがあったので、予約外の方々にも入館していただくことができました。

夏も終わり、肌寒い季節に移る頃になると、来館者の方も少なくなります。

昆虫館で飼育中のクワガタムシ、カブトムシも数が減り、爪が取れるなど痛々しい姿になってました。

昆虫館のブナの木はカワラタケが生えてきました。

月日が経てば良いカワラ材になることでしょう。

ヒョウモン類が時折飛来してくれました。

後はクロアゲハくらいでした。

夏眠後のクモガタヒョウモンはオスも健在です。

久しぶりにタテジマカミキリを庭で発見しました。

個人的には当地で発見したのは11年ぶりになります。

初見時は採集しましたが、今は撮影のみにしています。

このまま越冬してくれるかな?

鳥など外敵も多いのでそっとしておいてもらいたいものです。

このご家族はヒメカマキリを採集されました。

昆虫館ではこの季節、時々発見できますが、記念にパシャリ。

恥ずかしがり屋の僕は下を向いちゃいました。

朝早く、末宗さんが昨晩鳴き声を頼りに採集した

クツワムシを持ってきてくれました。次回はメスの採集に挑戦するそうです。

最後に野村さんによるヒキガエルの観察会の様子です。

ヒキガエルは産卵する場所や個体数が減っています。


2021年9月26日 晴れのち曇り

一日館長 岡田 浩資

スタッフ 齋藤 泰彦

     高橋 弘樹

応援   野村 智範

来館者  57名

(報告:岡田 浩資)

  

トップへ戻る